スポンサーサイト

  • 2018.06.22 Friday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    2018サマーセミナー3日目

    • 2018.06.22 Friday
    • 11:45

    2018サマーセミナー3日目ラインナップ


    今年のサマーセミナーは8月19日(日)・8月22日(水)〜26日(日)に開催します!

    サマーセミナー3日目。8月23日(木)は下記のラインナップです
    お申込は7月1日0時から受付いたします。
    申込み方法や注意事項については一番最後にございますのでご確認くださいね!

    ★カリグラフィー未経験の方から  
    ●イタリック体勉強中の方から  
    ◆イタリック体修了の方から  

     

     

    ★アルファベットツリーをデザインする ふくだいくこ先生

    10:00〜12:00もしくは10:15〜12:15

    受講料¥3,240 教材費¥150

    アルファベットや短文をバランスよく配置することで作品に仕上げることができます。

    イタリック体小文字でレイアウトのコツを練習します。

    次にカラーインクを使用し、グラデーションの仕方、色の組合せ方を試しながら

    ご自身のデザインに仕上げていただきます。

    更に、エンボスパウダーを効果的に使う方法もご紹介します。

     

     

    ●おもしろカリグラフィー2018 〜ひと手間加えて味わいアップ〜  石下裕子先生

    10:00〜12:00もしくは10:15〜12:15

    受講料¥3,240 教材費なし

    フリーハンドで書いた文字に何かしらの手を加えることで、

    完成度が上がったり表情が変化する過程を検証してみましょう。

    エッジをきかせれば凛々しく、肉付きを足せばメリハリボディに、かと思えば怪しげな雰囲気を醸したり。

    水かきをつければ粘り腰に、吸盤や棘を書き足せば個性際立つ文字たちのできあがりです。

     

     

     

     

    和紙で折り染めを楽しみましょう!  新井典子先生

    13:15〜15:15

    受講料¥3,240 教材費¥150

    折りたたんだ和紙を水彩絵の具で染める方法を、ご紹介します。
    折り方や彩色する箇所を変えることによって、さまざまな連続模様を手軽に楽しむことができます。

    染めた和紙とお好きな色の和紙を組み合わせて、A5サイズの作品を2点仕上げます。

    レイアウトに合わせてきれいに貼り合わせていくコツや、濃淡の違う和紙を重ねて貼る技法も学べます。

    和紙の風合いの良さを、これからの作品作りに活かしていきましょう。

     

     

     

     

    ●平筆をつかって夏を楽しむ手ぬぐい作り  加藤絵美先生

    13:15〜15:15

    受講料¥3,240 教材費¥300

    平筆と布用絵具を使い、アルファベットとシンプルな飾りケイや花、羽模様などを組み合わせた手ぬぐいを作ります。

    下書きを移すことができますので、平筆初心者の方でもきれいに仕上げられます。

    完成品はそのまま使うほか、お友達のイニシャルを入れてプレゼントにしたり、好きなサイズに裁って、小さな袋に仕立てても素敵です。
    暑い夏に大活躍するオリジナルの手ぬぐい作りを楽しんでみませんか。

     

     

     

     

     

    エンジェル・ヘアの装飾 ウェーブラインでハートを描いてみましょう!  五木田摩耶先生

    15:50〜17:50

    受講料¥3,240 教材費¥150

    16世紀の写本「ミラ・カリグラフィエ・モニュメンタ」のフォリオ24にある、ちょっと敷居が高そうなエンジェル・ヘアのライン飾り。

    その飾りをアレンジしてハート型のモチーフに変身させてみましょう。写本を参照にウェーブのかかった細かなライン模様を

    描きやすく紐解いていきます。飾り罫や頭文字の装飾としても応用できるので、華やかな作品つくりに活かせるでしょう。

     

     

     

    バルサ材で大きな文字を書いてみよう  渋谷登志子先生

    15:50〜17:50

    受講料¥3,240 教材費¥100

    カッターで容易にお好みの幅にカットすることが出来る『バルサ材』を使い、大きな文字を書きます。

    切り込みを入れることでダブルラインの文字が書けたり、角を使えば細いラインも容易に書くことが出来ます。

    普通大きな文字は、オートマチックペンなどで書きますが『バルサ材』は安価で、

    カットに失敗してもやり直すことが出来るので、気楽に使えます。

    またアイデア次第で、飾りケイやバックグランド作りにも使えます。

     

     

     

     

    Enjoy Brush Writing!―筆で楽しむ文字表現  相田えいこ先生

    18:30〜20:30

    受講料¥3,240 教材費¥100

    Brush writingは1本の筆ペンや毛筆、あるいは毛筆タイプのマーカーで、筆圧や角度を変えて細い、太い等のラインが描けます。
    筆先がどのような時にどんなラインが描けるか、体験しましょう。
    今回はアルファベット5文字の「MUSIC」を様々なスタイルで書いてみます。
    「ブラッシュ通信講座」受講をご検討、あるいは受講中の方は筆の使い方を学べる機会です。

     

     

     

     

    ※お申込をご希望の方は・・・・
    お名前・ご住所・連絡のつくお電話番号とご希望の講座名をお書きになって

    school@calligraphy.co.jp へEメールを送信してください。

    (FAX又は郵送でも受付いたします。お電話では受付いたしません。)
    お申込開始は7月1日0時0分からです。それ以前にお申し込みをされますと、

    受付が申込み開始日の3日後になりますのでご注意ください。
    お申込を受け付けた方には、7月下旬より順次こちらからご連絡を差し上げます。

     

    一部のCLAだよりの情報で日程の曜日が誤った表記のものがありました。

    2018年サマーセミナー1日目は、8月19日(日曜日)ですので今一度ご確認ください。

    ご迷惑をおかけし申し訳ございません。

     

     

     

    スポンサーサイト

    • 2018.06.22 Friday
    • 11:45
    • 0
      • -
      • -
      • -
      コメント
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      PR

      calendar

      S M T W T F S
            1
      2345678
      9101112131415
      16171819202122
      23242526272829
      30      
      << September 2018 >>

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recommend

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM